遊べる模型

EPPクラフト

EPP(発泡ポリプロピレン)とは、非常に軽く衝撃に強い素材です、引っ張り強度は弱いですが、EPPで作った模型はぶつけてもなかなか壊れません、 EPPはインドアプレーンなど軽飛行機の素材として広く使われます、そんなEPPで、ペーパークラフトの技術を応用して模型飛行機を作ってみました、 紙飛行機より軽く作れるため翼面加重が低く作れます、組立はペーパークラフトを作るときのように組み立てられます、また厚みが あるため断面接着が容易です、接着にはポリプロピレンが接着可能な接着剤が必要です

ジェラコンクラフト

ジェラコン(POM材)とは、衝撃に強いプラスチックでギヤの素材としても広く使われます、レーザーカットが可能で加工もし易い素材です、 3次元CADで動く模型を設計しました。カーモデルのシャーシやZOIDS(ゾイド)のようなロボットなどを作るときに適しています、動く模型のフレームとしてジェラコン で造り外側のボディーはペーパークラフトなどを使うと面白い模型が作れるでしょう

ハイブリッドクラフト

従来のペーパークラフトより、よりリアルで作りやすく、そして動かして遊べる模型がハイブリッドクラフトです、モーターやゼンマイ駆動のジェラコンのフレーム やシャーシにペーパークラフト、バキュームフォーム、レジンキャストなどを組み合わせた模型のボディーを被せます、紙部分も厚紙を多用し、紙の厚みでディティールを表現します レーザーカットによる切り抜き済みで、従来のペーパークラフトでは面倒だった切り抜きと、折り線入れの必要がありません、塗装する事が前提ですが、仕上がりは従来のペーパークラフトより リアルになります